RSS | ATOM | SEARCH
震災の記憶

4年前ですか・・・

TVをみていたら、目まいがしているのかと思うような揺れでしたね。

バアさんに言ったら、全く気付いていなくて、

直に次男が学校から歩いて帰ってきて、こっちも気づいてない。

TVでは大騒ぎ・・・

しばらく様子を観ていたら、長男の卒業式からの謝恩会が途中で中止となり、保育園の末っ子を迎えに行って帰ってきた。

聞くと、海岸線を走ってきたらしい、海がすごく引いていたと言う。

いやー、無知とは恐ろしい、そりゃまずいだろ。

慌てて、海を見に行って、水の引きかだが、ちょっとこれは・・・

家族を高台に避難させて、私は海岸に戻って様子を確認。

消防団の知り合いが、水門を降ろしに来て、降ろし加減を一緒に見たりしてました。

近くに高台ももあるし、車で移動可能な地域なので、自身の避難については無問題だとの判断ではありますが。

それでも、波が押し寄せる感じは、恐ろしさをぬぐえませんでしたね。


 

最近は年に一度、地域の避難訓練がありますが、

房総沖で地震が起きたら、避難指定場所に行けるのか、正直わかりません。

年寄つれて、行けるのか、そんな時間があるのかどうか。

常に覚悟だけはしています。

もしそのような事態になったらどうるするか。

妻や子供は自分で動けるのなら、とにかく高台へ避難させます。

私は、動けないものを背負って、生きる術を考えます。
 

後日TVの映像を見て、末っ子がポツリと言いました。

「黒い波はここにも来るの?」

「大丈夫だよ、ここには来ないよ」こう答えるしか出来なかった。
 

author:やまちゃん, category:オジサンのたわごと, 16:55
comments(0), trackbacks(0), - -

数値化できないこと

昨年末で仕事を辞め、今は専業主婦の妻。

母親の面倒をみるだけでも、本来はかなり大変なはずなのですが…

妻曰く「おばあちゃんも私もすることが無い」という。

しばらくは、ゆっくりしても良いとは思うのですが、人間は、何かしたくてしょうがないのですね。

それこそ、自分の事すらままならないバアさんが、孫の心配をしている。

人間とは、そうしたものなんですね。

他人に迷惑をかけない、自分の事より家族を心配する。

誰かの役に立っていると思うことが生きる力になっているのでしょう。


 

妻に、ヒマだったら仕事手伝ってもらいたいくらいなんだけど…

と言ったら、

「難しいことはヤダ」

きっぱりと断られました。

うーん…

別に難しくはないのだけど、確かに覚えなければならないことは山のようにあるよな。

とりあえず簿記くらいは…あれ、確か資格持ってなかったっけ…学生時代の資格は…
 

ビジネスの世界では生産性や効率が重要視されますが、

何をもって生産性の指標とするか

何をもって効率の指標とするか

ここは、実は非常に難しい問題です。
 

うちのバアさんに生きがいを与える術は何なのか。

妻に対してねぎらいの言葉が意味を為すのか。

こんな身近な事でさえ答を見いだせない。

これらを数値化することはできない。

数値化できないことにこそ、全ての本質があるのだと思う。

結局、今、自分のできる事を精一杯するしかないのです。
 

明日晴れたら、散歩でもしよう。

何かみつかるかもしれない・・・
 

author:やまちゃん, category:オジサンのたわごと, 16:51
comments(0), trackbacks(0), - -

異物混入
今日は長男の誕生日だったらしく(らしくってw)、

ショートケーキとロールケーキを妻が買ってきてあった。

夜になって「ケーキ食べてるよー」と呼ばれた。

しばらくしてから行くと、テーブルに私用とは別に、

ロールケーキがぽつんと一つ置かれていた。

「これは何?」と聞くと

「髪の毛が入ってた」とのこと

どうもラップを取ったら端の部分から見えていたらしく、それを引き抜いたようだ。

その部分(と言っても目分量で適当なんだろうけど)だけを切り取って、それ以外は切り分けて食べたってことらしい。

その後、こういう事(流行言葉なら異物混入)について多少話をすることに。

結論

人が作っているのだから髪の毛が入ることはある。

でも、虫はちょっと…でも小さい虫なら…

これが、日本の田舎に住む小市民の結論でしたw

こういう家族で良かったと思う。


 
author:やまちゃん, category:オジサンのたわごと, 16:51
comments(0), trackbacks(0), - -

プログラミングにおける条件の重複
Twitterで若干議論したのですが、

条件の重複は、絶対にダメなんです。

そこは初心者に分かりやすいとかという問題ではないんです。

それは現実社会とプログラムの世界を別としてとらえているからなんです。

If tmp < 50 Then
 ElseIf tmp >= 50 And tmp < 70 Then
 ElseIf tmp >= 70 And tmp < 85 Then
・・・

50点未満の人は不合格、退室してください。

この後ですよ!

50点以上70点未満の人は・・・

こんな事を現実世界で言いますかという事なんです。

こういう基本的なことが分かっていないから、まともなプログラムが書けないんですよ。

そして、それを良しとして教えたりするからダメなんです。

私は数多くの他人のプログラムを見てきましたが、このような記述がいかに多い事か。

そして、そのようなプログラムの品質の低さは議論に値しない。

もしかすると、こういう基本は、子供のうちに教えないと身につかない事なのかもしれません。

であれば、教育を見直す必要があります。

でないと、ITの世界で日本はトップになれない。


 
author:やまちゃん, category:オジサンのたわごと, 16:48
comments(0), trackbacks(0), - -

痛みを乗り越えて

人は、見えているもの、聞こえているものが全てだと思い込む。

実は、見えていないもの、聞こえていないものの方がはるかに多いことを知らない。

それらは、突如として眼前に現れる。

そして初めて、自身の無知を知る。

これが経験を積むということです。

人は、痛みを伴った経験でしか懲りることはない。

幾度となく繰り返される痛みで人は成長する。

 

人生を振り返ると、そんな痛みがどれほどあったことか。

しかし、その痛みを上回る喜びを与えてくれる存在がある。

その存在こそが、自身の存在そのものなのだと知る。

その存在さえあれば、全てを乗り越えられると確信する。
 

author:やまちゃん, category:オジサンのたわごと, 16:44
comments(0), trackbacks(0), - -

PCスキルとは

PCスキルって何だろうかと少し考えてしまった。

別にPCを華麗に操作することではないだろう。

そもそも、PCに限定する意味もないはず。
 

我が小学生の息子達は、WiiUでネット検索したり、PCでも動画見てたり、iPhoneで好き勝手ゲームしたりと。

それで良いと思う、必要なことを必要な時に得られれば良いはず。

そして、それはいつの時代も変わらないはず。

 

ビジネスにおいてスピードは大切だ。

しかし、そのスピードって、1分1秒を争うものなのか。

もちろん、1秒で運命を分けるような場面もあるにはあるが、むしろそれは特殊な事なはず。

人生って、以外と時間があるものです。
 

刑事コロンボでのセリフで、印象に残っているものがある。

正確な言い回しは忘れたが(そもそも翻訳ですしね)、

「勝てない相手に勝つ方法を考えた、そして見つけた、相手の何倍も時間をかける事」

てな主旨のセリフです。

幼心に衝撃を受けました、確かにその通りだと、絶対に勝ちたいと思った時は思い出そうと。
 

つまり、小学生の息子たちは、WiiUやPCやiPhoneに多大な時間をかけているのです。

まあ、その是非は置いておくとして、

時間をかければ克服できることがほとんどだという事。

克服できないということは、かける時間が不足しているだけだという事。

もちろん、その時間は個人差があるのは当然。

しかし、必ず克服できるものだという事。

諦めずに続けさえすれば、必ず克服できるものだという事。
 

PCスキルから話がそれてしまったが…

そうは言っても、私の音痴は、時間をかけても克服出来そうにないと思いつつ。
 

author:やまちゃん, category:オジサンのたわごと, 16:44
comments(0), trackbacks(0), - -

覚悟を決めること
人生は面白い、実に面白い。

慢心した途端に突き落とされ、

もう無理だと諦めかけた瞬間に道が開ける。

背負う荷物は人それぞれだ。

その人が背負うことが出来る限界ギリギリの荷物が用意されているように感じることもある。

荷物を途中で降ろすも、

背負ったまま進むも、

自身の選択であり自由だが、そこには覚悟が必要です。

荷物を降ろすも覚悟

背負ったまま進むも覚悟

まずは覚悟を決めることだ。

そして、覚悟を決めたら、とにかく進もう。


 
author:やまちゃん, category:オジサンのたわごと, 16:40
comments(0), trackbacks(0), - -

愚痴を言って、ため息ついて

人生は、自分で選択するものなんです。

自分で選択したのだから、

文句があるなら自分に言うしかない。

たとえ選択の余地が無い天命だったとしても、

それを受け入れたのは自分自身なのですから。
 

それでも、

愚痴を言いたくなることもあるし、ため息をつくこともある。

さだまさしの「無縁坂」にもあります。

「ため息つけば それで済む 後ろだけは見ちゃだめと」
 

愚痴を言って、ため息ついて

また、前に進むならそれで良し。

author:やまちゃん, category:オジサンのたわごと, 16:40
comments(0), trackbacks(0), - -

30年の月日
恋人が、

妻となり、

家族となり、

戦友となり、

そして、

同化するまで30年かかりました。

簡単な道のりではないが、決して難しい道のりでもなかったように思う。

いろいろ不満もあっただろうし、不満もあった。

そういう不満が少しずつ減っていき、消滅しつつある。

この道で良かったと、さらに30年後に思える人生でありたい。

 
author:やまちゃん, category:オジサンのたわごと, 16:33
comments(0), trackbacks(0), - -

笑いましょう
「子供叱るな来た道だもの、年寄り笑うな行く道だもの」

確かにそうなんだけど…

叱れるなら叱れば良いし

笑えるなら笑えばよい

叱れるうちが花

笑えるうちが花

その先が問題なんですよ。

いずれ叱りたくても叱れなくなる、笑いたくても笑えなくなる時がくるものなんです。

ただ一言

大変なときこそ、笑って乗り越えましょう。

 
author:やまちゃん, category:オジサンのたわごと, 16:33
comments(0), trackbacks(0), - -