RSS | ATOM | SEARCH
母校の閉校に寄せて:地方における学校教育の在り方


本日、勝浦市立興津中学校の閉校式が行われました。
これで、我が母校は小中と無くなった…さすがに我が高校は無くなることは無いだろうが。
閉校の理由は、「子供が少なくなったから」という事でしょう。
企業で言えば支店の閉鎖みたいなものか、「お客様が少なくなったから」
では、その責任の所在はどこに

 

先に断っておくと、
私は学校はあまり好きではなかった、私は強制されることを最も嫌う。
小学校は、友達と遊ぶため
中学校は、部活をやるため
高校は、卒業資格を取得するため
これら以外はおまけみたいなもので、私にとってはどうでも良かった。
同じような子供は多いはず、私が特別だったということも無いだろう。

 

子供が少なくなったのは、少子化ではない。
こんな片田舎では、少子化なんて感覚は無い。
単純に過疎化という事だ。
大人がいないのだから、子どもがいるはずがない。
その少ない子供が、成長しても地元に残らない。
残らない理由は人それぞれだが、大別すれば、
・都会に行きたい
・仕事がない
どちらかになるだろう。
都会に行きたいというのは、これは若者としてごく自然な事で、
若者よ、「大海へ出でよ」と言ってやりたい。
問題は仕事が無い事だ。
仕事とは、人に何らかの奉仕をして金銭を得るものだ。
人がいなければ、仕事があるはずがない。

現在、地元に残っている同年代の人の仕事を見ると以下に大別される。
1.三公社五現業、この中で現在でいえばJRと日本郵政
2.公務員、多くは小中の教師たまに警官や消防
3.地元企業に勤務
4.家業の後継者
5.起業・独立
こんなところでしょうか。
1.時代の変化で、高卒の就職先からは無くなってしまった。
2.常に存在するが、人口が減少すれば採用数も減るというもの。
3.これが圧倒的に都会に比べて少ない。
 企業と言う点では昔から少ないのですが、
 以前は、零細・個人商店でも多少なりとも雇用があったのだが、
 待遇が良いはずもないし、そもそも雇用が減っている
4.人口減で事業継続が難しくなっていることと、
 漁師町だが、漁師になろうという若者が少なくなった。
5.人口が少ないのだから、営業は厳しい。
 広範囲の顧客を対象に出来ない商売では先細りは必至。
この中で、増やすことの出来るものは、5.だけである。
地方を活性化するには、これを増やすしかない、これが増えれば他も増える。
交通網、物流、情報、地方にいてもあまり不便を感じない時代になった。
昔に比べて格段にハードルが下がっている。

 

地方の学校が果たすべき役割とは何か
勉学だけなら別の専門家がいるし、人数の多い都会の学校にはかなうはずもない。
レベル格差を無視した学校の授業では土台無理
もちろん、集団生活云々という大義名分は理解するし重要だと思う、仕方無いとも思う。
しかし、その大義名分も少人数クラスではどこまで機能しているかは疑問だ。
では、地方の学校が考えるべき事とは
【地元に残る子供を育てる事】
これしかないと、私は思っている。
そもそも、地元に残る子供が減れば人口が減り、教師の数も減らすことになるのは必然。
教師といえども、顧客(子供)の獲得に全力を注いでもらいたい。
その為には、「見込顧客」である若者の定住を真剣に考えるべきです。
そして、これはさらなる苦言になってしまうが、
郷土愛も育ててほしいと個人的には思っている。
そもそも教師自身が、地元行事に参加していない
自身が地元行事に参加していない人間が、子供の郷土愛を育むことが出来ようはずがない。
もちろん、現状ではそのような行事で学校を休めない事は承知している。
しかしそれは言い訳であり、自身の所属する組織を自ら改革する努力くらいはしてほしい。

 

地方で起業・独立しようとしたら(いや地方に限った事ではないが)
豊富な、「知識と経験」が必要だ。
経験は本人に任せるしかないが、知識は与えることが出来る。
必要な知識は、生きるための知識、他人を幸せに出来る知識
英語やITの教育についても、もっとやれる事は多いはず。
何やら英語に関しては、外国人の補助教員を使う事もあるようだが、そこが違う。
子供の事を良く理解している教師が自ら教えられるように努力してほしい。
今後プログラミングの授業が始まったら、また専門家に任せるつもりだろうか。
私のようなひねくれた子供は別にして、子供にとって教師の存在は大きいはず。
教師が変われば、子供も変わると信じる。

 

学校の改革こそ、地方活性化の要だと思う。
学校教育に期待するからこその苦言である。

author:やまちゃん, category:オジサンのたわごと, 20:18
comments(0), trackbacks(0), - -

苔を育てよう


庭の片隅の苔を育てようとしましたが、無理でした。

やり方は、今度ちゃんと勉強します。

 

代わりに、苔玉を買ってきました。

乾燥させないように気を付けます。

 

 

author:やまちゃん, category:オジサンのたわごと, 20:30
comments(0), trackbacks(0), - -

ポケモンGOで近くにいるポケモンを最短距離で位置を特定する方法


もはや、Excelはほとんど関係なくて、

まるっきり数学のお話しです。

 

学校出てからうん十年

もはや、ほとんど忘れてしまった

思い出しつつ、ググりつつ

なんとか解に辿りついたかなーと思います。

 

「ポケモンを確実に見つける方法」をExcelで数学してみた

 

ピタゴラスの定理

くらいは、まあ、それでも覚えていますが、
余弦定理

もはや、どんな公式だったかも忘れてしまった。

 

こういうのも、たまには頭の体操に良いかも。

 

author:やまちゃん, category:エクセル全般, 21:28
comments(0), trackbacks(0), - -