RSS | ATOM | SEARCH
ベネッセのお詫び

我が家にもベネッセからお詫びが来ました。
それを見て、思う事が幾つかあります。

個人情報保護法が施行されたのは十年ほど前でしかないのですが、近頃は過剰反応する人が多くなったものだと思う。
今回のベネッセの件でネットを見ていると、漏れた情報が悪用され今後何があるか分からなく不安だ、怒りを感じる等の書き込みが目立ちます。
そもそも住民基本台帳の閲覧が制限されるようになってからも数年しかたっていないはずです。
それこそ昔は、台帳から特定の条件の名簿を書き写すアルバイトが普通にあったものです。
妻も「別に住所氏名が知れたって何も困らないよね、DMはずーと前から来てるし」
まあ、さすがにクレジットカード情報や銀行情報は困りますけどね。

ところで、長男は「しまじろう」を取っていたので、長男と私の名前で封書が来たのですが、
次男と三男の情報もベネッセは持っているはずなのですが、今のところ手紙は来ていませんね。
なぜベネッセが弟の情報も持っていると思うかと言うと、そもそもベネッセから案内が何回も来てましたから。
この弟の情報が別のDBにあるとは思えないのですけど・・・
我が家としては、別に構わないのですが、
ベネッセとして情報漏えいした範囲が把握しきれているのか、はなはだ疑問ではあります。

いささか心配なのは、
今回の件で、派遣や外注に対する風当たりが強くなる事です。
たまたま、そのような立場の人間が行ったというだけでの事ですし、
はっきり言えば、権限と知識を持った管理者が行えば、形跡すら残すことなく持ち出す事が可能でしょう。
もっとも、さすがにその立場の人が持ち出すことはないでしょうが・・・
セキュリティーは外部に対しては強くても、中に入ってしまえばもろいものです。
最後の最後は、人の問題です。

そして、一番思うのは、
ベネッセからではなく、
「しまじろう」からの言葉がほしかったなー。

author:やまちゃん, category:オジサンのたわごと, 15:50
comments(0), trackbacks(0), - -

Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。